実際のところ女性は何歳まで妊娠出来るのか?

個人差も大きいため、
すっぱりと決めることは出来ません。

しかし不妊症治療を受ける人の
年齢などから推測すると、
40歳~42歳くらいが
限界なのかもしれません。

ここ数年、芸能人や著名人などで、
40歳を過ぎてから初めて
出産する人が目立ち、
40歳を超えてもまだまだ大丈夫、
と考える人も多いでしょう。

しかしこれはほんの一例であり、
実際は40歳を過ぎると
自然妊娠は非常に難しく、
不妊治療の中でも高度な治療法を
行う必要性が出てきます。

とある医療機関のデータによれば、
不妊治療を行う患者さんの年齢の
ピークは30歳代半ばなのですが、
現在一番高度な治療法である
「体外受精」を行う人は、
40~42歳にそのピークがあります。

一方で、体外受精に必要な技術の
一つに採卵(卵子を取り出すことを)
がありますが、これも年齢との
関係があります。

20歳代では1回の採卵で
10個前後採れたものが、
年齢とともに徐々にその数は減り、
40歳では1~2個になるそうです。

自然に妊娠することが
年齢とともに難しくなる、
ということが分かります。

卵巣だけが年を取ることも!

一般的に30歳代から卵巣機能は
徐々に低下しはじめ、
およそ40歳をターニングポイント
として急激に衰えます。

そして50歳くらいで卵巣は
ほぼ機能しなくなり、
生理が終わります。(閉経)

しかしここ数年、
30歳代や40歳代前半でも閉経と
同じような状態になる人が
増え始めました。

この状態を「早期閉経」といいます。
原因としては自己免疫疾患や
染色体異常が挙げられますが、
原因不明であることが
一番多いようです。

卵巣の年齢を調べる検査って?

卵巣の年齢がどれくらいであるかは、
3つの検査で調べることが出来ます。

超音波による検査、血液検査から
卵巣を刺激するホルモンの分泌量を
調べる検査(FSH値を測定する検査)、
血液検査からこれから排卵する
可能性のある卵子の量を
調べる検査(AMH検査)です。

超音波検査とFSH値を測定する
検査は生理の周期に影響されます。

しかしAMH検査は生理の周期に
影響を受けないため、
最も簡便で正確な
検査といわれています。

卵子を凍結保存できるかも?

ところで、
妊娠して出産に至るまでには、
卵巣だけではなく、子宮も必要ですね。

卵巣が卵子の元となる細胞(卵胞)
を抱えて十分に成長させてから
排卵するのに対し、
子宮は受精卵をしっかり受け止め
(着床)赤ちゃんを40週に渡って
育てる機能があります。

しかし逆にいえば子宮のもつ機能は
これだけであり、子宮は中々
年を取らない臓器であるとも
いわれています。

子宮自体が病気を抱えていなければ、
若い頃の元気な卵子による受精卵により、
もっと高齢になっても妊娠が
可能になるかもしれません。

この考え方から開発されたのが、
「受精卵を凍結させておく」
という技術です。

自費となりますが、
理論上は妊娠が可能な技術として
注目され始めています。

おすすめの記事